生キテルテ何ダロウ。

2016.03.08 Tuesday

餅は、モチモチとした食感である。

問題は、〔澆箸いμ樵阿世ら、その食感を「モチモチ」と呼ぶようになったのか、
あるいは、◆屮皀船皀繊廚先にあって、そういう食感の食べ物だから、
じゃあ餅という名前にしようとなったのか。
どちらなのだろうか?

そういえばほかの食感、
例えば「カリカリ」とか、「サクサク」とか、「シャキシャキ」とか、
そういう名前の食べ物ってない気がする。
ということは△正解?
もし,覆蕁▲ッキーはサックーっていう名前になるはずやもんね。

でも・・・、なんかちょっと引っ掛かる。
例えばそう・・・。
大昔に、たまたま普通の米とは違うものが出来上がって、
それを炊いてみたら、なんか初めての食感の食べ物になって、
この食感をどう表現しようか・・・。
うーん、「モチモチ」なんてどうかな?
それ!いーんじゃない?ってなって、
じゃあこの食べ物は餅だね!
っていうのが自然な気がする。
そうするとですよ、△發覆鵑正解じゃない。
食感と名前が同時に決まった。そしてそれは餅だけ限られた。
なのでそれ以降(以外)の「モチモチ」した食感の食べ物は、
違う名前が付けられるようになった。(ポンデリングとか・・)
っていうのが一番正しいのじゃないか?

そして、他の食感に関しては、
それはそれでまた何かしらの歴史があった、ということで。
(飽きた)

さようなら。

▲ PAGE TOP

COMMENTS

− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP


04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
>